医療情報の中に潜むニセ医学に気を付けよう

サイトの紹介

サイトの紹介

当サイトの管理人は都内で看護師をしています。医療の都市伝説に興味があり色々と調べてみると、医療の常識のウソ・ホントがみえてきました。面白い情報もありますので、興味のある人は是非読んでみて下さい。当サイトへの情報提供はこちらから。

ニセ医学に気を付けよう

ニセ医学に気を付けよう

極端すぎる情報

ニセ医学を広げる代表的なものとしてジュースがあります。ジュースにも色々な種類がありますが、種類別に健康被害に関する記事をみる事ができます。例えば、「ジュース 害」とネットで検索すると100%ジュースや濃縮還元ジュースは栄養素ゼロの毒物飲料、糖分のせいで子供が虫歯になったり短気になるという記事がたくさんヒットします。この様な情報を知ってしまうと大切な子供や家族にジュースを飲ませない方が良いと考えるのは当たり前だと思います。
しかし、この極端すぎる情報をそのまま信じてしまうのはいけません。この情報がニセ医学だとすると、あなたもニセ医学の知識を身につけてしまう事になります。ニセ医学は極端で扇情的な言い方が多く惑わされるものが多い事を最初から知っておきましょう。

断言する情報は注意が必要

ニセ医学の特徴は断言した物言いが多い点にあります。確かにジュースは糖分が高いですし、濃縮還元型100%と言ってもそれだけで十分なビタミン類をとる事はできません。また、のどが渇いたからといって毎回ジュースを飲んでいては、糖分の過剰摂取で肥満の原因となりますので健康的とは言えません。しかし、毎日何リットルもジュースを飲む事はそうないと思います。
普通の医学見解でいけば糖分のとり過ぎは身体に良くないので飲む量を控えましょうとなりますが、ニセ医学の場合ジュースは身体にとって有害ドリンクだから飲んではいけないと断言してしまうのです。人はAかBのどちらかに選択を迫られた時、絶対Aを選ぶべきだと言われるとついAを選んでしまうものです。ニセ医学も同じで、断言した物言いは説得力がある事を知っているのです。しかし、本当の医学はとてもデリケートで慎重に考えますので、あいまいな意見がどうしても多くなります。断言した医療情報を見つけた時は注意が必要です。

精神論で親を責める

子供が虫歯になったり、ちょっとした事ですぐに怒る子供になったりするのは糖分たっぷりの毒物飲料であるジュースを飲んでいるせいだとニセ医学では言っています。それと同時に、何の知識も持たずにその毒物飲料を与える親は子供への愛情が感じられないとも訴えています。こんな内容をみた親はどう思うでしょうか。真面目な人ならきっと自分を責めてしまうでしょうし、子供にかわいそうな思いをさせないように更にニセ医学を信用してしまう可能性もあります。
しかし、この情報を冷静に考えると子供の虫歯はジュースだけのせいとは限りません。歯磨きが足りないだけかも知れませんし、元々虫歯になりやすい歯を持っているかも知れません。また、糖分の過剰摂取だけが短気な子供を作る訳ではありません。もしかしたらADHDや自閉症等の発達障害が原因となっている場合もあります。この様にニセ医学の特徴は、極端な言い方や断言する内容であったり、読む人を責める事が書かれていたりします。どちらかと言えば中傷的な文面が多いですので、気になる医療情報を探す時はこれらを目安にして質の良い情報を探せるようにしましょう。