医療の常識がずれている医療ドラマの設定

サイトの紹介

サイトの紹介

当サイトの管理人は都内で看護師をしています。医療の都市伝説に興味があり色々と調べてみると、医療の常識のウソ・ホントがみえてきました。面白い情報もありますので、興味のある人は是非読んでみて下さい。当サイトへの情報提供はこちらから。

ドラマの設定は間違いだらけ

ドラマの設定は間違いだらけ

ナースキャップは本当に被る?

医療をテーマにしたテレビドラマでは、看護師役の女優さんのほとんどがナースキャップを被っています。多分、ほとんどの人が看護師=ナースキャップというイメージを持っていますし、看護師役をリアルに演じる為には必要なのかも知れません。
しかし、実際の現場ではナースキャップを廃止している病院が増えているのです。その理由は、毎日洗い替えしないナースキャップは不衛生である事や点滴や医療機器にぶつかって危ないという事ですが、ナースキャップ廃止を一番喜んだのは看護師です。髪の毛をまとめないと被る事ができなかったナースキャップの廃止は、髪型が自由にできる事や毎日髪の毛をまとめるわずらわしさから解放される事につながります。また、看護学校の卒業式に行われる戴帽式も、男性看護師誕生に絡んでその形式を変えています。ナースキャップは看護師の象徴でしたが、今では都市伝説の仲間入りをしようとしています。

ナースシューズはもう古い?

看護師は立ち仕事なうえに歩き回る事も多く、足が疲れない様に仕事用の履物にはとても気を遣います。看護師用に作られたナースシューズは軽くてクッション性も高く、長時間の立ち仕事に重宝していたのですがそれも過去の話となってきています。サンダルに近いナースシューズだと注射針や患者さんの排泄物を落としてしまうとダイレクトに足にかかってしまう為、軽さと歩きやすさを重視したウォークキング用のシューズを履いたり、つま先やかかとを覆っているサンダルに切り替える看護師が増えたのです。ナースシューズもその名の通り看護師の象徴と言えますが、その姿も徐々に消えていく様子を見せています。

ナース服はワンピース?

ナース服と言ったら白衣のワンピースをイメージする人が多いのですが、これもまた都市伝説化しそうです。外来やクリニック等はいまだワンピースが主流ですが、病棟勤務の看護師はパンツスタイルが多くなっています。患者さんのお世話には様々な介助も必要になる為、ワンピースでは動きにくいのが現実です。その為、実用性を考えてパンツスタイルに切り替える看護師が多いのです。この様に誰もがイメージする白衣の看護師のスタイルはどんどん変わっているのです。

手術後の医師からのコメントは本当?

最近の医療ドラマは実際の現場をよく知って描かれていると感じる時もありますが、手術のシーンだけは脚色が多いと感じます。手術シーンの多くに手術室の赤いランプが消え、手術室から医師が出てきて「手術は成功しました。もう心配ありません」と言い残し、足早に去っていく場面があります。ここは感動の場面となるのですが、残念ながら実際にはその様な場面はありません。
まず、手術の終了を待つご家族は、家族待合室や病棟の談話室で待つ事がほとんどです。手術が終わっても医師は手術室にある従業員専用の出口を使いますので、ご家族と顔をあわせる事はほとんどありません。また、手術の結果報告は他に場を設けて行いますので、ドラマの様な感動シーンは無いのです。
以上のように、医療ドラマみたいなドラマチックな場面は実際の現場ではありませんが、それでも手術の成功や患者さんが元気になる姿は医療従事者にとってはドラマチックであり、やりがいとなる部分です。