医療の都市伝説!風邪をひいたらお風呂に入る?

サイトの紹介

サイトの紹介

当サイトの管理人は都内で看護師をしています。医療の都市伝説に興味があり色々と調べてみると、医療の常識のウソ・ホントがみえてきました。面白い情報もありますので、興味のある人は是非読んでみて下さい。当サイトへの情報提供はこちらから。

風邪の時はお風呂に入る?

風邪の時はお風呂に入る?

風邪をひいたらお風呂は禁止?

多分日本人ならほとんどの人が、子供の時から風邪をひいたらお風呂に入ってはいけないと教えられてきたと思います。幼少期から教えられたものは疑う事無く自分の常識となりますので、当たり前に風邪=お風呂は禁止と考える人が多いと思います。しかし、どうして風邪の時はお風呂に入ってはいけないのでしょうか。そこには日本の住宅事情が関わっているのです。
昔はすきま風が入るような造りの家が多くありましたし、お風呂が無く銭湯に通う事が当たり前でした。銭湯の熱いお湯は体力を消耗する、銭湯の帰り道に体を冷やすといった理由で、風邪をひいた人が銭湯に行くと風邪を悪化させるとして禁じていました。また、すきま風が入るような家では、冷えた身体を温める事もできませんでした。
しかし、今の時代はどうでしょう。家の中にお風呂があるのも当たり前ですし、断熱材が入りしっかりとした造りの家ばかりです。また、寝具も保温性の高いものがほとんどですので、身体を冷やす事はそうありません。ですので、風邪をひいたらお風呂は禁止という話は時代に合っていない事になります。

お風呂のメリット

実はお風呂はある程度の風邪にはメリットがあります。お風呂で体を温めると体温が上がり、細菌やウィルスを死滅させてくれます。また、解熱剤よりも緩やかに体温を下げてくれますので身体に負担がかかりにくいのです。その他、お風呂の蒸気は喉や気管にも良く、熱や蒸気を嫌う風邪ウィルスにはお風呂は有効と言えます。お湯の温度は熱過ぎてはいけませんし、ぬるくてもいけませんので40度位にとどめておきましょう。ただし、疲れてしまうまでお風呂に入ってはいけません。
また、お風呂上がりは身体を冷やさないように脱衣所を暖めておき、髪の毛が濡れているならドライヤーで早く乾かしておきましょう。その他、水分をしっかりと補給して早めに就寝するようにして下さい。

お風呂に入ってはいけない時

風邪をひいていても比較的元気な時や、微熱程度ならお風呂に入る事で上記のようなメリットがあります。しかし、強い倦怠感や悪寒がある時や38度以上の高熱時はお風呂に入ってはいけません。また、おう吐や下痢、頭痛がひどい時も同様です。あくまでも風邪は安静にする事が大切だというのを忘れないで下さい。
風邪に有効なお風呂は風邪のひき始めや症状が軽い時に限られますので、自分の体調と相談しながら入るように心がけて下さい。